転職で失敗した原因とは(70件)

転職は残念ながら失敗したと後悔してしまう場合もあります。
どう言う事でそう感じるのか、どうしてそうなってしまったのかを聞いてみました。

実際に転職をしたことが無ければ得られない感想も沢山ありますので、
ご自身の転職活動で同じ様にならないように役立てて下さい。
  • 仕事量が多くて多忙すぎるとか、上司や同僚との人間関係が悪いといった、マイナス要因で転職すると、転職先でもまた同じ不平不満を抱えることになります。

    転職して環境が変わったからといえども、自分自身の考え方が変えられてなかったり働き方を変えるなどの自己改革ができていなければ、いつかまた同じ思いをして転職は失敗したと思うようになります。

    色々改善策を実行してみたけど、やはり自分にとっては違う環境が力を発揮できるとか、キャリアアップのために違う道を進むといったプラス要因で転職しないと成功しません。

    転職を決断するときには自分自身をもう一度よく見つめ直す必要があると思います。
    わたるんるん
  • 希望の転職の業務内容が前職とは全く違う職種だったため、もう少し調べたり勉強してから転職活動をすればよかったと思いました。

    不勉強な点が多かったため、転職後苦労しました。

    これから転職活動される方は、自分が考えている以上に勉強したり事前の情報収集を十分に行ってから転職してほしいなと思います。

    また、私は転職活動をし始めて早々に内定をいただき、予想外に早く内定をもらって少し舞い上がってしまい、その後の面接予定をキャンセルして決めてしまったのもよくなかったのではないかと思っています。

    内定保留にしてでも、予定していた面接は受けて選択肢を増やしておくべきだったのではと後々思いました。
    わたりここ
  • 最大の敗因は、あまり深く考えずに焦って決めてしまったことです。

    年齢も30代後半となり、元々飲食チェーン店での勤務経験しかなかったので、求人応募しても面接までたどり着けませんでした。

    飲食関連のスカウトメールしか届かない中で、前職相当の年収が保証される飲食以外の求人からスカウトが来て、深く考えることなく飛びついて入社してしまいました。

    常識的に考えて、未経験の人を簡単に採用して前給保証する企業なんて人不足のブラック企業に決まってますよね。

    あまりに思慮不足でした。

    入社前に口コミなど情報収集をする、会社見学をさせてもらう、周りの友人等に相談する、など冷静に判断する必要がありました。
    おうまさん
  • 転職先は健康食品の宣伝講習販売でした。

    それは自分には合わない、嫌いな販売方法でした。

    しかし詳しい販売方法を調査しないで、健康食品を扱ている会社だからという理由で安易に応募してしまいました。

    面接でも給与や休み、勤務地ばかりが気になり、質問力に欠けていたと後悔しています。
    しごとにん
  • 興味のある業態への転職で、合同説明会に行った時、大きい企業で修行するか悩みましたが、自分を即戦力として使ってくれると言う小さい会社へ転職しました。

    給料は転職前と変わらず良かったのですが、自分より20歳も上の代表や役委員の方々の大学生ノリについていけず、2ヶ月で退職しました。

    少人数で働く職場だったので、短期間でしたが自分の能力を試したり再確認が出来た事は良い経験だと思います。

    最初からチャレンジできる企業へ行くのもいいですが、歴史ある企業にはそれぞれのノウハウがちゃんと教育して貰えるので、自分を驕らす転職先をしっかり考えたほうが良かったなと思いました。
    Asamo
  • 職種(仕事内容)をしっかりと把握していなかったことが、ミスマッチに繋がったからだと感じます。

    自分としては、エクセル作業を始めとした、パソコン作業がメインと思っていたのですが、実際は書類作成が大半で、同じパソコン作業でも、内訳の割合を面接時にしっかりと訊いておくべきだったなと後悔しています。
    海鮮チヂミ
  • 前職では残業時間が月間で0に近く、休日出勤も全くなかったため、趣味や家事に費やす時間がかなりありました。

    転職後は年収は上がったものの、休みの時間がほぼなくなってしまい、結果ストレスが溜まってしまう生活です。

    私はお金や時間を有効活用することが最も大きなストレス解消法なので、似たような方は年収だけにとらわれず慎重に転職活動することをお勧めします。
    かずみゃん
  • 初めて仕事した場所が会社員の仕事で、時には仕事内容が多すぎて大変だったり、上司に間違うと怒られたりもするが自分と同じような性格の人ばかりで明るくカラっとした人が多かったが、公務のパートに転職した時、あまりに仕事がなさすぎて暇でいる人間はジメジメ陰湿であまりの違いに吐き気がして体調を崩してしまいました。

    公務の種類にもよるのかもしれませんが失敗しました。
    きよみずこ
  • フルコミッションの会社から固定給の会社へ転職しました。

    フルコミッションの会社で同年代の2倍くらい収入はありましたが仕事内容、やりがい、自己成長を求めて転職しました。

    仕事は成長につながるが人生はじめての固定給にモチベーション維持が困難です。

    転職前にもっと自己分析をしっかりやるべきでした。

    何をやりたいかをメインに考えていましたが何が外せない条件かをしっかりと考えていませんでした。

    次、転職する際はもっと自己分析をしっかりと行おうと思います。
    竹田権太郎
  • 退職の仕方と転職時に、待遇面だけを見てしまったことに後悔しています。

    結果として、前職での自分のキャリアを断ち切るような転職になってしまいました。

    もう少し自分がやってきた営業の力を信じて、自分のやりたいことにチャレンジしてみてもよかったなと思います。
    ミンミンゼミ
MENU